清湖雛物語

IMG_0320

製作日:2017年1月

近江八景第五景は、三井晩鐘(みいのばんしょう)

「いで入るや波間の月を三井寺の 鐘のひびきにあくるみずうみ」

帰路を急ぐ夕暮れ時、びわ湖に鐘の音が響きわたっていきます。

ふと立ち止まると、湖面には風をはらんで走る帆船の影、対岸には三上の山を望み、寝ぐらへと急ぐ雁の姿。

衣装には7色を使い、グラデーション(色が(鐘)連続的に変化)をイメージ・・・琵琶湖の鐘が心地よく響きわたる。

カテゴリー: 清湖雛