ブログアーカイブ

令和雛

制作日:2019年4月 雛匠 東之湖氏は天皇陛下が即位される大嘗祭(だいじょうさい)でお召になる麁服(あらたえ)を大麻(へんぷ)で制作しました。 新元号「令和」の出典として話題の万葉集では大麻を詠み込んだ詩が多くあります

カテゴリー: 作品

天空(てんくう)

制作日:2019年 震災より8年が経過。 東之湖氏が東北大震災被災地に、人形を通じて被災地の方々に微力ながら〈繋がる愛・優しさある勇気・癒し〉を感じ取っていただき、少しでも一日でも早く笑顔の輪が拡がりますようにとの願いで

カテゴリー: 絆雛

天音(あまね)

制作日:2018年1月 今年で東北大震災被災地に東之湖氏は人形を通じて被災地の皆様方に少しでも優しさを感じとっていただき微力ながら元気に前向きに頑張ってほしいとの願いを全身全霊込めた絆雛は7作目になります。  

カテゴリー: 絆雛

清湖雛物語

制作日:2019年1月 近江八景第七景は、唐崎夜雨(からさきのやう) 近江八景のひとつ、びわ湖の南西岸の唐崎神社には、天正9年(1581年)に当時の大津城主の弟、新庄直寿によって植えられた3代目の巨松の古木に夜の雨が降り

カテゴリー: 清湖雛

清湖雛物語

制作日:2018年1月 近江八景第六景は、堅田落雁(かたたのらくがん) 「鎖(じょう)あけて 月さし入れよ 浮御堂」(松尾芭蕉) 琵琶湖の東側の対岸には円錐形の三上山(近江富士)や鏡山が低く見えていて昇る月が湖面に映え、

カテゴリー: 清湖雛

ホテル雅叙園 東京

制作日:2017年12月 東京指定有形文化財「百段階段」にて東之湖の近江上布雛が飾られました。 詳しくは公式図録「雛の晴舞台9」に掲載されています。

カテゴリー: 作品

清湖雛物語

制作日:2017年1月 近江八景第五景は、三井晩鐘(みいのばんしょう) 「いで入るや波間の月を三井寺の 鐘のひびきにあくるみずうみ」 帰路を急ぐ夕暮れ時、びわ湖に鐘の音が響きわたっていきます。 ふと立ち止まると、湖面には

カテゴリー: 清湖雛

蕾(つぼみ)

制作日 : 2017年2月 震災より6年の月日が経過。 東之湖が震災地の宮城県岩沼市を訪れた時に『絆雛』を待ちわびていたみんなの素敵な笑顔を見て、復興の花が咲き始めたと感じました。 笑みの眉開く・・・蕾(つぼみ)が開き始

カテゴリー: 絆雛

グラデーション雛

制作日:2016年10月 西武大津店40年記念「近江を代表する作家の饗演」に 制作された作品(近江上布を使用)

カテゴリー: 作品

春薫(しゅんくん)

制作日:2016年2月 震災より5年。 被災という、凍てつくような冬を越えて、温かな風が頬を撫でるような、のどかな春の薫りが漂いますように心をこめました。

カテゴリー: 絆雛