ブログアーカイブ

清湖雛物語

制作日:2011年2月 今年の作品は、四方の守り神の最後、南の女神を作成。 南の女神は滋賀県の中心地。 原点に復帰し、純粋、清楚な気持ちで未来に向かう姿を 白無垢の十二単で表現いたしました。

カテゴリー: 清湖雛

十二単

制作日:2010年11月 東之湖の人形がブラジルに渡る 滋賀県とブラジルとの友好交流式典の記念品に選ばれる。 この人形の十二単衣装の色襲は、 ブラジルの国旗の配色がベースとなっています。

カテゴリー: 作品

古典雛

制作日:2010年9月 この作品は、古き時代(江戸中期頃)のひな人形をモデルに制作した古典雛です。 特徴は、両袖の着物一枚一枚に綿を入れ、 袴や裾にも綿を多く入れて丸くふくよかに作り上げたスタイルです。 繊細な技術と技が

カテゴリー: 作品

清湖雛物語

制作日:2010年2月 今年は、四方の守り神の一人、東の女神を製作。 湖東の山々からふりそそぐ太陽の光、希望への輝き・・・ 一日の始まり、人々の新しい日のはじまり・・・ 今も、未来も輝きつづけてほしい、 そんな願いを東の

カテゴリー: 清湖雛

憂愁雛

制作日:2009年9月 江戸時代、「後の雛」という風習があり、3月3日のひな祭とは別に、 9月9日「重陽の日(菊の節句)」の日に行われたとされるひな祭で、 秋の夜長をお雛様を見ながら、楽しまれたそうです。

カテゴリー: 作品

清湖雛物語

制作日:2009年2月 琵琶湖は湖東、湖北、湖西、湖南と四つの地域にかこまれながら、美しい輝きを はなっています。その琵琶湖を取り囲む、四方の守り神として、今回製作し、登場したのが「湖北の水の神」「湖西の山の神」です。凛

カテゴリー: 清湖雛

源氏雛

制作日:2008年6月 東之湖の人形が中国に渡る 滋賀県と中国湖南省との友好締結25周年記念式典の記念品に選ばれる。 「10月30日」

カテゴリー: 作品

清湖雛物語

制作日:2008年2月 「湖面に桜をうつし明ける近江の郷」湖周に咲く桜をイメージした10人囃子を製作、 新たに仲間入りした作品です。 清湖雛物語もにぎやかになってまいりました・・・

カテゴリー: 清湖雛

清廉

制作日:2008年元旦 この作品については、東之湖の創作人形集を閲覧し、 依頼されたお客様の作品です。高さが約55㎝もある壮大なお人形になりました。

カテゴリー: 作品

清湖雛物語

制作日:2007年2月 琵琶湖を取り囲む野山の風景をイメージした六人官女を制作し、 新たに仲間入りした作品です。

カテゴリー: 清湖雛